★裂孔原性網膜剥離

先日、飛蚊症の患者様が来院されました。網膜剥離であったためにその日のうちに手術を施行いたしました。網膜剥離の手術は失明予防の観点が大きい手術となります。早期に手術を行うことに越したことはないのですが、網膜の中心部である黄斑(視細胞が最もきめ細かく配置されている場所であり、視野のなかで最も解像度がよい部分)が剥がれる前に手術を行いたいです。なぜかというと黄斑部が剥離してしまうと、その10%の人が手術前の矯正視力よりも回復しないという論文や視力は回復してもゆがみ残存してしまう論文の報告があるからです。

飛蚊症を自覚、または急に増えた場合はお近くの眼科を受診することをお勧め致します。