⁂ものもらい

最近、ものもらいの患者さんがよく来院されます。

感染症と聞くと、伝染病のもののような印象を受けるかもしれませんが、ものもらいの原因はウィルスではなく雑菌が原因ですので人から人へうつることはありません。

誰の肌にも存在する菌が、何らかのきっかけで炎症を起こしものもらいになりますので、友達や家族がものもらいになったからと言って、接触するのに神経質にならなくても大丈夫です。一番の原因はまぶた周辺が不衛生になることです。季節的に夏場や季節の変わり目に比較的多くみられます。夏場の時期に多くの汗をかき不衛生になりやすく抵抗力が低下しものもらいになるようです。抗生物質の目薬、軟膏、内服薬などで細菌を抑えていきます。膿の量が多い場合には切開して膿を出してしまうと治るのが早くなることもあります。